マンション売却時に支払う!知っておきたい色々な費用

不動産会社に支払う仲介手数料

不動産には色々な費用がかかりますが、マンションを新築で購入したときには払う必要のなかった仲介手数料も、長年住み続けていざ売却となったときには購入者を探してもらい、契約を締結してもらったりするために不動産仲介業者に仲介手数料を支払う必要がありますよ。ただしこの仲介手数料は業者さんによって法定上限を超えなければ自由に設定できるものなので、手数料を安く抑えられる業者さんを探してみても良いかもしれませんね。

税金もいろいろあります

中古マンションを売却するときに必要な税金も色々ありますよ。購入するときにも税金を支払いましたが、売却時にも別の税金がかかります。まずは印紙税です。これは購入時でも契約書に貼付するのですが、売却時の契約書にも売却価格に応じて印紙を購入し貼付しなければなりません。その他にも、売却時の価格が購入時よりも高くなった場合に譲渡所得税がかかることがありますよ。所有期間が5年以内で売却した場合と5年を超えて売却した場合とでは税率が変わりますので注意が必要です。

住宅ローンが残っていたら

売却する予定のマンションにまだ住宅ローンの支払が残っているようでしたら、抵当権抹消の手続きをしなければなりません。抵当権抹消とは住宅ローンを組んでいる金融機関がそのマンションに抵当権を設定しているのですが、売却前には新しい購入者に引き渡す前に、その抵当権を抹消して綺麗な状態にする必要がありますよ。自分で登記申請することもできますが、時間がないし、面倒というときには司法書士などに依頼することができますが、抹消の登記費用の他に、別途司法書士依頼費用がかかります。

マンションの売却をお考えの方は、水回りの設備が傷み、全面的な修理が必要となる10年前後をめどに売却することをおすすめします。高価売却のためには、都心部の駅前マンションなどが値下がりしにくく、有利です。