これだけは気にしておきたい!別荘を買うときの注意点とは!?

不動産バブルの頃の別荘について

別荘を購入する時に知って起きたいのは別荘の歴史です。過去には不動産バブルがあり、別荘地もその例外ではありませんでした。別荘地も不動産バブルの影響を受けていた頃は、別荘に興味が無い投資家でもとにかく今土地と建物を購入しておけば後で地価が上昇して儲けることができると考えていたのです。ところが、実際には多くの人が購入をして程なくすると地価が下落して、大損した人も少なくありませんでしたね。現在でも不動産バブルの頃に建築された別荘が残っているのです。

別荘と不動産バブルについて

別荘を購入する場合には、新築と中古の別荘を購入することができますが、もし、中古の別荘を買う場合には、バブルの頃に建てられた別荘はたくさん余っていますので買い時です。価格も、よほど高価な別荘地に建っていない限りは1000万円よりも安く購入することが可能になります。ただ、中古の別荘はなにかと痛みが激しい場合があります。特に、管理がしっかりとしれおらずしばらく空室になっている別荘は一度耐震性を見ておく必要があります。

新築の別荘を建てる場合の注意点

では、新築の別荘を建てる場合にはどのようなことに注意をしなければならないでしょうか。まず、立地についてです。別荘地の多くは海のすぐそばだったり、山の森の中だったりします。都会に家を持っているから別荘も同じような感じで建てればいいのだろうと考えていると痛い目に遭います。たとえば、海のそばなら潮風による塩害を考慮しなければなりません。特に外壁は塩害対策を施さないとぼろぼろになります。また、山であれば白アリに注意をしなければなりません。

別荘の物件の多くは、観光地の周辺に位置しており、夏の時期は避暑地として活用できることがメリットとして挙げられます。