賃貸と持ち家のメリットとデメリットの比較

賃貸は初期費用が少なくて済みます

以前までは、持ち家は財産になるから住宅は購入するべきだという考えが多数を占めていましたが、近年では持ち家にこだわらない人が増えてきています。実は賃貸生活には思った以上にメリットがたくさんあります。そこで賃貸生活のメリットについてご紹介したいと思います。まず初めに費用の面でみていきたいと思います。住宅を購入するとなると、頭金や諸費用を用意しなくてはならないため、預金が大きく減ってしまいます。しかし、賃貸生活は初期費用が少なく済むので、預金が大きく減らないというメリットがあります。

賃貸のメンテナンスは管理会社におまかせです

マイホームとなると、自宅のメンテナンスは当然自分で行うことになります。外壁の塗り替えや屋根の修繕、庭の手入れなど全て自分で業者に依頼しなければなりません。突然の故障で、痛い出費となることもあるでしょう。しかし賃貸では、共有部の修繕は毎月の管理費で賄われるため、自分でメンテナンスをする必要はありません。トイレのつまりやお風呂の故障などが起きても、管理会社が業者を依頼してくれるので、突然修理費を払わなければいけないこともないでしょう。

賃貸は気軽に住み替えができます

住宅を購入すると、近所とトラブルが起きたり環境に問題があったとしても、気軽に住み替えをすることはできません。また、町内会などのご近所付き合いが発生したり、ゴミ捨て場の掃除当番もあるでしょう。しかし、賃貸は住む場所を柔軟に変えることができます。転勤や転職に伴い、通勤しやすい場所に引っ越したり、家族が増えて自宅が狭いと感じたら広い間取りのところへ引っ越すことができます。これが賃貸の最大のメリットといえるのではないでしょうか。

一戸建てに住んでると引っ越したくても簡単には引っ越すことができませんが、賃貸マンションならいつでも引っ越すことができます。