注意が必要!?賃貸物件で起こりうるトラブルと対処のコツ

賃貸物件の又貸しの状態には要注意

賃貸物件の入居者は、契約上注意しなければならない事項がいくつかありますね。例えば起こりうるトラブルとして、借りている部屋を他人に貸すことはできません。これは又貸しの状態に該当し、賃貸契約を解除される可能性も考えられるでしょう。又貸しが判明したとしても直ちに契約解除に至るケースは稀ではあるものの、それでも賃借人に自覚がなく、又貸しの状態が継続していたり何度も繰り返していると退去せざるを得ないため要注意です。

入居時に残置物が残されていた場合の対処法

賃貸物件に暮らし始めてみると部屋の中に、以前の入居者が残したものが見つかるかもしれません。例えばエアコンやガスコンロなどが部屋に残っているケースは多いですね。それらは残置物としてみなされ、新しい入居者が引き続いて使用可能です。ただしその後に残置物が故障したとしても、賃貸物件のオーナーに修繕の義務はありません。新たにエアコンやガスコンロなどが必要な場合には、賃貸物件の入居者が新たに設置する必要があります。

賃料を滞納した場合の対処方法

賃貸契約で部屋を借りると、入居者は賃料の支払い義務を負います。しかし時には、うっかり賃料の支払いを忘れる事もあるかもしれません。賃料の支払いが滞ったとしても、直ちに退去が要求されることはないです。一般的に数回程度の賃料滞納では、賃貸契約の解除の理由とはみなされません。それでも可能な限り早い段階で賃料滞納の理由を説明し滞納金の支払いが必要であり、もし信頼関係が損なわれたなら契約解除もあり得るでしょう。

帯広の賃貸マンションの品質にこだわるうえで、いくつかの物件の周辺環境や最寄り駅までの距離などに気を配ることがコツです。