住宅を購入するよりも一生賃貸で暮らす事のメリットとは!?

住宅ローンの負担がないため精神的に楽

賃貸と持ち家や分譲マンションの大きな違いは住宅ローンです。住宅を購入するには数千万円という多額なローンを組む必要があります。住宅ローンは35年で組む方が多いでしょうが、定年まで働いてやっと完済する事が出来ます。ですが定年まで働き続けられるかという不安や、払い続ける事が出来るかという不安がある方はいるでしょう。変動金利を選択した場合、急な金利の上昇、会社の経営悪化により給料の低下、リストラの心配。そういった面で賃貸では、家賃が安い所に引越しをするなど、臨機応変に対応が出来るので、賃貸での生活の方が精神的には安心と言えるでしょう。

いくら新築で購入しても修繕費がかかる!

住宅を新築で購入しても10年後には水周りや、外観などの塗り替えなどが必要になる場合があります。まだ住宅ローン返済期間に高額な修繕費が掛かってしまうと家計は大変になってしまいます。また固定資産税も掛かってくるので、住宅ローンプラス払っていかなければならないお金が必要になります。その点賃貸の場合には修繕費はそのアパートやマンションのオーナーが行ってくれます。固定資産税はもちろんかかりません。月々の家賃の支払いだけで済むので、他の負担がありません。

子供が独立して部屋が物置に!

子供が独立して家を出て行ってしまった場合、子供部屋が物置きになってしまう事もあります。夫婦二人だけの生活になってしまった場合、必要最低限な部屋数があれば十分です。部屋数が多いとそれだけで掃除も大変です。住宅を購入した場合にはリフォームをしなければ、住宅の間取りを変更する事が出来ません。ですが賃貸の場合には夫婦二人だけで生活する事が出来る大きさのアパートやマンションに引っ越す事が可能です。その分毎月の家賃を抑える事も出来ます。

札幌市北区の賃貸を上手に選ぶために、住み心地の良しあしや価格帯を前もって把握しておくことが良いでしょう。